チャムコード

チャーさんのUnityゲームラボです。Unityでゲーム制作する時に使うコードやノウハウをメインに発信しています。Unityでゲーム制作したいと思っているなら読んでください。

グラフィック関連

Unityでアニメーションを作成する方法(初心者でも簡単にできる)

投稿日:2023年10月8日 更新日:

どうも、チャーさんです。

あなたはUnityでアニメーションを作成したいですか?

であればこの記事を読んでください。

 

そうすると、あなたはUnityでアニメーションを作成できる

ようになります。それも他のソフトを使わずにUnity内で

アニメーションを作成し、オブジェクトにアニメーションを適用させ、

 

好きにアニメーションさせることができるようになります。

ですが、読まないとアニメーションの作成方法がわからず

フラストレーションが溜まるでしょう。

 

なのでUnityでアニメーションを作成したいなら

このままお読みください。

 

動画はこちら

 

Unityでアニメーションを作成する方法

 

ということで早速、本題です。

 

Unityでアニメーションを作成する方法は、

Unity内で用意されてるアニメーション作成機能を使えば

OKです。

 

「えっUnity内でアニメーション作れんの?」

と思ったかもですが、作れます。

 

 

早速やり方をみていきましょう。

 

まずUnityでアニメーションを作成するには、

左上メニューにあるWindow > Animation > Animation

をクリックしましょう。

 

 

すると以下のような画面が表示されるので、

 

AnimationをつけたいオブジェクトをHierachyの中で

クリックして選択した状態で、

 

Createボタンをクリックしましょう。

 

 

すると、ウィンドウが開き、New Animation.anim

という名前で.animファイルを作る画面が開くので、

好きに名前をつけて、saveしましょう。

 

するとassetの中にオブジェクト名につけられてる、

名前.controllerっていう四角いアイコンのと、

三角のアイコンの今名前をつけた.animのアニメーションクリップ

 

(クリッっくしたら拡張子まで表示されます)

 

 

ってやつがAssetsの中に作られて、選択していたオブジェクトには

Animatorコンポーネントがつけられ、

自動で作られたコントローラーが自動で設定されてます。

 

(Controllerってとこみてください。)

 

ここまできたら、あとは

実際のアニメーションを作るだけで、

選択していたオブジェクトにアニメーションが適用され、

 

アニメーションを使って自在に動かすことができるようになります。

 

で、ここからは実際にアニメーションの作成です。

この段階に来ると、

 

Window > Animation > Animation 

をクリックした時に表示された、この画面が、

 

 

時間軸のようなものが表示され、

左側にはAdd Propertyというボタンが表示されてます。

そしてアニメーションはこの画面を使って作っていくことになります。

 

で、アニメーションの作成方法は主に2つあります。

それが、この二重丸で中が赤い録画ボタンみたいなやつを

使ってアニメーションを作る方法と、

 

Add Propertyを使って、数値などを入力して

アニメーションを作成していく方法です。

 

オブジェクト操作でアニメーションを作成するやり方

 

まず直感的でわかりやすい、1つ目の方法から行きましょう。

 

まずは赤い録画ボタンみたいなのを押してください。

すると右側の時間軸画面が赤くなります。

そして右側の時間軸画面上にある、

 

白い縦線を時間軸上の数字が表示されてるとこを

クリックし好きな場所に移動させてください。

 

 

その後、最初にアニメーションをつける時に選択していた

オブジェクトをSceneビューの中で好きな場所に移動させてください。

 

すると、Animationの時間軸上に、ひし形のようなものが

現れます。

 

 

ここまできたら、録画ボタンの2つ横にある、

再生ボタンの三角を押してみてください。

 

するとアニメーションが作動し、

オブジェクトが移動するアニメーションがループ

されます。

 

おめでとうございます。

これでアニメーションが作成できました。

 

 

とはいえこれだけだと、移動しただけなので、

今度は同じ要領で、また時間軸上で白い縦線を好きな部分に

動かして、

 

今度はSceneビューのオブジェクトを回転させてみてください。

そしてまた先ほどのアニメーションの画面に戻り、

再生ボタンをクリックしてください。

 

すると今度は移動した後にオブジェクトが回転します。

 

 

とこんな風に、次々に同じ要領で操作を加えていくと

アニメーションを増やしていくことができます。

 

またこのやり方でアニメーションを増やすのを止めるには

もう一度赤い録画ボタンをクリックすれば、

アニメーションの追加が止まります。

 

これが1つ目のやり方でして、割と直感的に

できる簡単な方法です。

 

 

また別個挙動について説明ですが、この際

アニメーション画面ではtransform.positionの値が

自動で入力されてるのですが、

 

それが少し曲者でして、あとでオブジェクトの

位置をSceneビュー上で動かすと、

移動先でアニメーションをするのではなく、

 

もともと位置していた場所に戻ってアニメーションを

しようとします。ちょっと違う言い方をすれば、

ワールド座標が記録されてるので、

 

 

ローカル座標でアニメーションしてくれるのではなく

ワールド座標でアニメーションしようとします。

 

なのでその辺は考慮しましょう。

 

 

Add Propertyでアニメーションを作成する場合

 

で次に2つ目のアニメーション作成方法ですが、

こちらはアニメーション画面上にある、

 

Add propertyボタンを使う方法です。

ここをクリックすると、

 

Transform

Mesh Renderer

Box Collider

 

と表示されます。

 

 

試しにTransformをクリックしましょう。

 

すると、

Position (=位置)

Rotation  (=回転の角度)

Scale (=オブジェクトのサイズ)

 

という3つが表示されるので、

好きなの選んでもいいですが、

試しにRotationを選んでみましょう。

 

右にある+をクリックしてください。

 

 

すると、アニメーション画面の左側に、

Rotationというのが現れ、

 

Rotation.x   

Rotation.y

Rotation.z

というのと数値が書いてる空欄が表示されます。

 

 

あとは先ほどの1つ目のやり方と同じように、

時間軸上の白い縦線を好きな場所まで移動させ、

 

その後数値の入ってる空欄のとこの数値を試しに90とか

打ち込み再生すると、今度はちゃんと入力した角度まで

オブジェクトが回転してくれます。

 

こんな風に先ほどとは違い、プロパティ(各要素)を

数値入力で動きをコントロールしアニメーションを作成していく

ことができます。

 

(個人的にはこっちの方が数字で管理できてやりやすいかもです)

 

作成したアニメーションの変遷を管理するなら

 

次にアニメーションの作成に関して大事な

ステートマシンというやつがありまして、

 

assetの中にある、四角いアイコンの

.controllerというアニメーションコントローラと呼ばれる

物をダブルクリックしてください。

 

すると以下の画像のような、

アニメーションの管理画面が表示されます。

 

 

これはアニメーションからアニメーションの変遷を管理する画面でして、

例えばあなたが作ったアニメーション1からアニメーション2

へとアニメーションをつなげたり、

 

アニメーションとアニメーションの移り変わりを

管理することができます。

 

 

ちなみにステートマシンのステートを(オブジェクトのアニメーション状態)

だと思ってもらえれば、

 

それを管理するためのものと思ってもらえれば

わかりやすいかもしれません。

 

 

例えば歩いてるアニメーションから→走るアニメーション

走るアニメーションから→ダッシュジャンプのアニメーション

 

みたいな感じで、ある条件でのみ出せるアニメーション

みたいなのもコントロールできるようになるので、

作成したアニメーションをいろいろ管理したい場合は、

 

これを使いましょう。

 

 

この記事はアニメーションの作成方法なので

アニメーションの変遷は対象外ですが、

アニメーションからアニメーションへの管理をしたい場合は

 

これを操作しましょう。

 

 

まとめ

 

ということでまとめに入ります。

 

Unityでアニメーションを作成するには、

Unityで用意されてるアニメーション作成機能を使えば可能です。

 

やり方的には、

Window > Animation > Animationをクリック

 

アニメーションをつけたいオブジェクトを

Hierarchyでクリックして、選択状態で、

 

アニメーション画面のCreateボタンをクリック。

あとはアニメーションを作成する。

 

するとアニメーションを作成することができます。

 

 

アニメーションを作成できればかなり表現の幅が

広がり楽しいです。

ですがこれらをコードで表現しようとしたらできなくは

内ですが結構大変です。

 

なので、ぜひアニメーションを自作して、

試してみてください。

 

思いがけず楽しいと思います。

それでは本記事は以上です。

 

読んでもらってありがとうございました。

でわ。

 

チャーさん

-グラフィック関連

関連記事

Unityでの魔法陣の作り方(簡単な方法を紹介)

どうも、チャーさんです。 あなたはUnityで魔法陣を作りたい、呪文詠唱とか、 なんか魔法とか、そういう感じで「魔法陣を使いたい、登場させたい」   そう思っていますか?でしたらあなたの望み …

Unityでパーティクルを光らせる方法(簡単すぎて一瞬でできます)

どうも、チャーさんです。 あなたはUnityでパーティクルを光らせたい、 そう思っていませんか?   この記事では、Unityでパーティクルを光らせる 方法についてお話ししています。なので、 …

no image

unityでのダンジョンの簡単な作り方(コードコピペで作れます)

どうも、チャーさんです。 あなたは、unityでダンジョンを作りたいと 思っていませんか?   この記事ではunityでのダンジョンの作り方を 説明してまして、本記事を読めば あなたはダンジ …

no image

blenderで作ったモデルをunityにインポートする方法「簡単です」

どうも、チャーさんです。   あなたはblenderで作ったものを、 unityで表示(インポート)したいと、 思っていませんか?   この記事では、あなたが作ったblenderの …

[Unityエフェクト]炎の作り方をステップバイステップで説明

どうも、チャーさんです。 あなたは、Unityで炎のエフェクトを作りたい。。! そう思っていませんか?   炎ってかっこいいし、登場させたいですよね。 でもどうやってUnityで作ったらいい …

no image

unityで地形を作る方法「初心者でもできるように丁寧に説明してます」

どうも、チャーさんです。   あなたはunityでいい感じの地形を作りたい。 でも、やり方がわからない。と悩んでいませんか?   この記事では、unityで地形を作る方法を、 ステ …

最新記事

チャーさん

Unityに関する記事を書いてます。

 

[簡単な経歴]

 

2018年-プログラムを始めUnityの存在を知りハマる。

2019年-エンジニアとして仕事開始(web系)

2021年-UnityでVR開発等にも手を出し始める。

現在-エンジニアとして活動しながらUnityも続行中。

 

youtubeでは、Unityに関する動画をあげてるので、

あなたのUnityスキルアップにどうぞ。